社長挨拶

ホギメディカルは、1961年の会社設立以来、常に医療機関に携わる方々と密接な関係を創りつつ、医療安全と医療機関の収益改善に貢献する製品の開発に取り組んでまいりました。院内感染防止を目的として1964年に販売を開始したメッキンバッグから始まり、医療用不織布製品、キット製品と医療の安全と働き方に寄与する製品を提供し、より安全な製品の安定的供給に努めてまいりました。

今後の日本の医療業界におきましては、高騰を続ける国民医療費に焦点が当てられ、他の社会制度改革と合わせ、診療報酬や薬価の大幅改定など厳しい政策が実行される可能性があります。また、2025年モデルをベースとした病院の再編・統廃合が加速すると共に病床の機能分化も進むと思われ、今後の病院経営は、より一層の経営改善と合理化が求められることとなります。

このように、医療を取り巻く事業環境は大きな変革の時となっており、医療をサポートする医療関連製品メーカーとして、医療安全とお客様の業務省力化に資する付加価値の高い製品を安定的にお届けすることを念頭に、医療関係者の皆さまの「安全」と「安心」を確保し、医療の質の向上に貢献することを最優先に企業活動を行ってまいります。

今後とも一層のご支援、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 兼 CEO
保木 潤一