OPERA-Note(OPENO) 導入事例

実際にご利用いただいているお客様の声をご紹介します

導入事例①
広島県 広島市立広島市民病院公式サイト

2019年7月運用開始

導入のポイント

教育負担の軽減と効率化

当院は年間手術件数が1万件超、手術スタッフ70名で、スタッフの半数が経験5年以内という状況です。日勤帯に教育時間を確保することは難しく、 時間外での対応となることが問題でした。そこで動画を活用し、デジタルツールを用いることで教育負担を軽減したいと考えました。

導入後の変化

OPENOを用いた自学の流れが出来た

232種類、800枚を超える手順書をペーパーレス化することができました。OPENOを個人のスマホ等で利用できるようにしたことで、手術予定表や勤務シフト表を閲覧できるようになり、利用率が向上しました。利用状況のログからも、手術予定を確認して手順を確認するという自学の流れが確認できました。

導入事例②
京都府 京都岡本記念病院公式サイト

2019年7月運用開始

導入のポイント

インシデントを防ぐ『基準作り』

移転以降手術件数が急増している当院ではスタッフの増加に伴い、6割のスタッフを4割のスタッフがサポートする状況でした。そのような状況下でインシデントが増加傾向にあり、教育環境を改善し、明確な「基準」を共有できるような、「時代にあわせた環境整備」が急務となっていました。

導入後の変化

スキマ時間の活用、連絡ノートも廃止

導入にあたり知識の整理や医師との意見交換を行いました。導入後は手術準備がスムーズになり、パートや時短勤務者もスキマ時間を活用して情報共有が可能になりました。また、従来は更新や確認に時間を要していた日々の連絡ノートもOPENO上で共有できるよう工夫しました。

導入事例③
福岡県 医療法人 原三信病院公式サイト

2020年9月運用開始

導入のポイント

整理出来ていないマニュアルからの脱却

当院は年間5000件弱の手術症例数です。手術室は患者に大きな侵襲を与える部署であり、安全を担う役割は大きい。しかしアクシデントの増加、新人離職率の増加があり、手術室としてSWOT分析を行い「弱み」「強み」を明確化しました。対応策の一つとしてマニュアルの充実があがり、整理できていないマニュアルからの脱却を目的にOPENOを導入しました。

導入後の変化

自立した自学環境を構築

マニュアルが「どこにあるか」から先輩に確認していた新人もOPERA-Noteを利用することで、双方のストレスが軽減され、自立して予習、自学が出来るようになっています。また、診療科毎にオリジナルがあり統一されていなかったマニュアルの統一を図ることが出来ました。各部屋に一台ずつ端末を設置して術中もOPENOを確認、入力できるようにしたことで利用率も向上しています。

当コンテンツは、医療従事者に限定されています。

ご希望されたページは日本国内の医療関係者への情報提供を目的としており、
日本国外の医療関係者及び一般の方への情報適用を目的としたものではございません。
何卒ご理解下さいますようお願いいたします。

あなたは医療従事者ですか?

いいえ

※TOPへ戻ります