プレミアムキット®

医療環境、変革の時

わたしたちが新工場を稼働する背景には、2025年を見据えた「急性期病院の集約化」、「高齢者の増加」、 「労働人口の減少」という3つのキーワードがあります。急性期病院が減少し、患者が集中する一方で、高齢化により手術件数は増加が予想されます。
また、少子高齢化により労働人口が減少、医療の現場においても人手不足が見込まれています。
筑波プレミアムキット®工場はこれら多様な諸問題を解決していきます。

プレミアムキット®のご紹介

急性期病院は、2025年モデルや労働人口の急速な減少などにより、これまで以上に経営の効率化が求められています。

ホギメディカルが販売を開始した「プレミアムキット®」は、従来キットの内容を大幅に拡充することで、手術準備をより効率化し、ひいては病院経営の効率化につなげるためのものです。準備・展開作業の軽減をもたらす独自包装技術、優れた安全性や費用対効果など、「プレミアムキット®」のさまざまな特徴をご紹介します。

術前・術中・術後までのオールワンキット
誰でも安全に、スムーズに準備できる

プレミアムキット®は、オールインワン製品のため術前のピッキング作業が大幅に削減され、準備時間が短縮されます。
誰でも過不足なく統一されたができるので、本来の業務に集中できるようになり、安全性が向上します。
手術準備をより効率化することで、さまざまな面で病院経営にも貢献します。

プレミアムキット®開発の経緯

Ⅰ. 医療政策による急性期病院の集約化

高度急性期、急性期病院の集約
2025年の医療機能別推計結果

出典: 2015年6月15日 第5回 医療・介護情報の活用による改革の推進に関する専門調査会《首相官邸》

Ⅱ. 少子高齢化による病院の人手不足

急速に進む少子高齢化→労働人口減少

高齢化と少子化が同時並行で急速に進む高齢化率は2025年で30%、2060年では40%へ

2025年問題→社会保障費拡大続く

「団塊の世代」が2025年に全て「後期高齢者」に4人に1人が75歳以上となる超高齢社会に突入

今後の急性期病院に求められること

高度急性期病床は2.2倍の医師を増員

2025年問題に向けて急性期病院は人員増加を迫られるも、労働人口が減少

全体像 救急体制 問題点と将来像
現状 機能が未分化、医師が分散
一般病床約103万床
救命救急センター:210カ所(ERを含む)
救急搬送患者:約500万人/年
医師もベッドも不足し、たらい回しが発生。医師は通常勤務と当直を繰り返し、疲弊。ERも救急医が足りないので十分な対応ができない、患者も安心できない。
改革後 急性期の重点化・強化。
約26万床の高度急性期に
一般病棟の2.2倍の医師等を配置。
高度急性の重点整備、人員は一倍増等で救急体制も倍増。
夜間救急でも複数医師配置で体制十分。
(例)
ER型救命救急センター:400カ所
ICU:13,000床、
救急搬送患者:約650万人/年
すべての重大な症状の患者が15分以内にER型救命救急センターで受け入れ。
医師は交替勤務制、看護師なども充実。
患者は安心、脳卒中の後遺症は半減、早期の社会復帰も増加。
車いす、寝たきりの割合が減少。

出典:2008年10月23日 社会保証国民会議 第8回サービス保証(医療・介護・福祉)分科会資料より作成

急性期病院の人員は1.6倍の生産性が必要

  • 今後の急性期病院は、患者の受入れ体制の強化が求められ、質の高い医療を提供して地域へ早期退院させることが使命となる。
  • 地域の病院、拠点病院、回復期病院の役割分担が進み、連携が強化される。

出典:2008年10月23日 社会保障国民会議 第8回サービス保障(医療・介護・福祉)分科会

地域医療の中心、
急性期施設の重要性

①急性期病院

②地域医療連携(リーダー:地域中核病院)

③DPC病院

健全経営

前向きな取組み

実績評価に強い

急性期病院への患者・手術の集中化

今後の病院経営には、今以上に「医療安全」と「医療効率」が求められる!

プレミアムキット®使用のメリット

包装形態の改良による医療の質の向上

ブリスター包装を使用した画期的な包装形態です

従来キット

プレミアムキット®

プレミアムキット®が採用している「ブリスター」とは、透明で柔らかいプラスチック容器です。ブリスター包装は、従来キットの包装材よりも強度があり、この包装材を使うことにより保管時や取り出しの際の破損の可能性が低くなります。また、軽い力で開封できるブリスター包装のイージーピール性は、確実な作業に寄与します。

ブリスターの端は外側(不潔側)に
ロールするINSIDE OUT構造

この包装形態で器械展開の手順が変わります

従来キットでは、狭い器械台の上で、場所を確保しながらの器械展開に時間と熟練が必要でした。プレミアムキット®では、材料をブリスター容器に入れることで、展開の方法を変え、今までの問題を全て解決し、時間や経験にとらわれない準備を可能にしました。

プレミアムキット®で無駄のない器械展開へ

従来は、手術材料を不織布で包んだキットがまず器械台の中央に置かれ、不織布を広げてから器械を展開していました。この方法では、材料が狭い器械台を独占してしまうため、まずそれらを器械台の隅に除けてから、器械を配置する必要がありました。医療の進歩ととともに手術材料は増え続けており、器械台の隅にいくつも積まれた手術材料が清潔野外に滑り落ちてしまい、その材料が手術に使えなくなるという無駄が生じました。

キット開封

材料を除ける

器械を配置、カウント

展開方法の変更による準備時間削減と器械台の有効活用

プレミアムキット®は、パッケージの刷新によって、キットを器械コンテナのように扱うことができるようになり、材料を器械台に出すタイミングについては、展開を担当する看護師によるコントロールが可能になりました。また手術開始の際、一番最初に行う「ドレープを並び替える」という作業を排除することにより、展開時間の削減を実現しました。
材料の並び替えのタイミングで、材料を清潔野に出すことができるため、無駄なものがない状態の器械台を最大限使用しながら、準備を行うことも可能になりました。

このような無駄のない展開方法により、プレミアムキット®の展開にかかる時間は、従来キットよりも平均8分も短くなり、それまでの約1/3に短縮しました。

1日20件の施設例

2時間40分/日の準備時間削減 1ヶ月約53時間余剰時間を創出可能

荷崩れ防止

従来キットでは材料が包まれた器械台カバーを開けた時や、器械配置のために材料を器械台の端に寄せ積み上げた際などに材料の荷崩れが多く発生していました。
荷崩れを気にしながらの展開作業は、看護師にとって大きなストレスとなります。このストレスと、床に落ちた材料の無駄は、2分割まで可能なブリスター包装、使用順に並べて梱包したプレミアムキット®を使用することで一掃できます。

従来キット

プレミアムキット®

ドレーピング~セッティングまでの順番で設計可能

プレミアムキット®は各医療機関の要望に応じたオーダーメイドで製造されています。含まれる材料の種類や個数はもとより、順番や配置もその医療機関で行われる手順通りにパッケージングされ、供給されます。さらにブリスター包装によって、ドレープだけでなく、吸引やライトハンドルカバーなど、セッティング材料も含めた設計が可能です。

ドレープ順の暗記はキットに任せて術中に集中、ストレスも軽減

従来キットもプレミアムキット®と同様に、順番通りのパッケージングがある程度可能でした。しかし並べ替えの調査を行ってみると、材料の並べ替えの回数がとても多く、順番が入れ替わってしまっている状態でした。そのため、器械だし看護師はドレーピングの順番を暗記し、並べ替えなければなりませんでした。
この作業によるストレスは看護師に重くのしかかり、そのストレスは手術中の医師にも及びます。暗記や並べ替えの必要がないプレミアムキット®を使用する安心感で、医師と看護師の信頼関係が高まり、安定した手術につながります。

プレミアムキット®で無駄のない準備、同一材料の平準化を図ることで、
看護師が本来の業務に集中できる環境を整えます

当コンテンツは、医療従事者に限定されています。

ご希望されたページは日本国内の医療関係者への情報提供を目的としており、
日本国外の医療関係者及び一般の方への情報適用を目的としたものではございません。
何卒ご理解下さいますようお願いいたします。

あなたは医療従事者ですか?

いいえ

※TOPへ戻ります